本文へ移動

一般相談支援事業

一般相談支援事業

目的

入院・入所中から関わり、地域移行の手伝いや地域移行をされた方の様子を確認し、暮らしに困らないように支援します。
 
居宅において一人で生活している方などの常時の連絡体制の確保や緊急時の支援を行います。

対象となる方

〇地域移行
 ・障害者支援施設等に入所している方
 ・精神科病院に入院している精神障害者(1年以上の入院者を原則に市町村が必要と認める者)
 
〇地域定着支援
 ・居宅において単身で生活する方
 ・居宅において同居している家族等が障害、疾病等のため、緊急時等の支援が見込まれない状況にある方
 ・以上の方のうち、地域生活を継続していくための常時の連絡体制の確保による緊急時等の支援体制が必
  要と見込まれる方

主な相談内容

〇地域移行支援
 ・住居確保、地域生活に移行するために、その他活動に関する相談をしたい。
 ・地域生活移行のための外出等の同行・体験宿泊について相談したい。
 ・障害福祉サービス(生活介護、自立訓練、就労移行支援、就労継続支援に限る)の体験利用について相談
  したい。
 ・地域移行支援計画の作成をお願いしたい。
 
〇地域定着支援
 ・一人暮らしを続けていけるか心配
 ・夜間帯などにおいて不安な気持ちになったときに相談したい。
 ・緊急時の対応について相談したい。
本部所在地
TOPへ戻る