本文へ移動

居宅介護支援事業

居宅介護支援事業

目的

利用者が可能な限り自宅で自立した生活を送ることができるように、介護支援専門員(ケアマネージャー)が、利用者さまの心身の状況や置かれている環境に応じた介護サービスを利用するためのケアプランを作成します。
 
また、適切なサービスが提供されるよう、事業者や関係機関との連絡調整を行います。

対象となる方

65歳以上の方(第1号被保険者)で、要介護認定を受け、要介護・要支援となった方
 
40歳~65歳未満の医療保険に加入している方(第2号被保険者)で老化に伴う病気(16の特定疾病)によって要介護・要支援となった方
 
 

主な相談内容

  • 福祉サービスのことについて知りたい
  • 要介護認定の申請について知りたい
  • ケアプランの作成をお願いしたい
  • 福祉用具の使い方について知りたい
本部所在地
TOPへ戻る